とりあえず、やってみる。

旅 自転車 グルメ 音楽 などなど。

たこ焼きではなく「あさり焼き」!と福ちゃんのうどん

前回の続きってほど続いてないですが、帰省した時のお話です。 

hmmkdiary.hatenablog.jp

 

タイトルとは関係ないどうでもいい話ですが、5月ぐらいからオカンがベランダで栽培していた【ころたん(ちっちゃいメロン)】が無事収穫されていました。しかも案外美味しかったっていう。

ころたん

ちなみにころたんが成長を遂げる度にオカンから写メが送られてきていたのですが、毎回写真だけで本文なし。写真に対して「わぁ〜、成長したなぁ!」とか返信しても、反応なし。会話のラリーが続かんよ、ラリーが!w

てか甥っ子といいオカンといい、私の扱いひどくないですか?w

 


あさり焼きが我が家のブーム

実家に帰る前から張り切ってリクエストしていたのが、あさり焼きパーティー(あさパ)の開催でした。

あさり焼きとは、タコの代わりにあさりを入れるものなのですが、形は似てるけどまったく異なる粉モンです。

 

レシピは食に貪欲な姉が見つけてきたもので、
日本コナモン協会会長 生活文化研究家 タコヤキスト】である熊谷真菜さんがこちら↓の企画で紹介していたレシピをもとに作っています。

http://www.recipe-blog.jp/sp/r110221a

 

あさり焼きの作り方

こんな感じであさりをタコ焼き器の穴に入れて蓋をして加熱し貝を開け、

 

あさり焼きの作り方

中身取り出したら刻んだガーリックとたこ焼きの生地を流し込み、

 

あさり焼きの作り方

表面がカリカリに焼けたら溶かしバターをかけて、

 

あさり焼き


粗挽きコショウをふって出来上がり!(テーブルにまでコショウかけてるけどな!)

 

これがまたあさりの旨味が出まくっててめちゃめちゃ美味しいんです!
ガーリックと溶かしバターもまたいい味出してる。んまー。

 

実家ではホットプレートタイプのたこ焼き器を使っているので、実家に帰った時こそこのあさり焼きを食べれるチャンスなのです。
(東京の家にもたこ焼き器はあるものの、穴が小さく蓋もないので、このレシピの作り方ができないんです。)

一応たこ焼きもちょっと作りましたが、あさり焼きがもはやメイン。
ちなみにたこ焼きは甘辛く煮込んだコンニャクと小さく切ったモチを入れるのが好みです。

 


うどんの福ちゃん

あともうひとつどうしても食べたかったのが、食に貪欲な姉が最近ハマっているという「福ちゃん」というお店のうどん。

 

以前はお寿司屋さんだったのですが、突然讃岐うどん屋さんに変貌を遂げたとのことです。

tabelog.com

なんとも行きにくい場所にあるのですが、せっかくなのでオカンと二人で行ってきました。平日の18時半頃でしたが、ほぼ満席。人気店なんですね!

【鶏天ぶっかけ】にするか【ちく玉天ぶっかけ】にするか迷いに迷った末に、ちく玉天ぶっかけを発注。オカンには鶏天ぶっかけにするよう頼み込みましたw

 

ちく玉天ぶっかけ

こちらがちく玉天ぶっかけ。
ちくわと玉子の天ぷらが乗っております。

 

鶏天ぶっかけ

鶏天ぶっかけ。鶏天なかなかデカいですね〜。

ぶっかけ出汁をぶっかけて早速いただきますー。

 

おおお〜コシのある麺!うまい!!

 

うどんアップ

麺はつるツヤ!
ちく天・玉子天もうまい!鶏天も味がしっかり目についてて美味でございますーーー

見た目よりだいぶボリュームがあったので、めちゃめちゃお腹いっぱいになりました。満足。

ごちそうさまでした!

 

次帰省した時には何食べようかしら・・・

やっぱり私も姉並みに食に貪欲なようです。

 


以上、なぜかわざわざ2記事に渡ってまで帰省ネタをお伝えいたしました。

帰省の結果を一言でどうぞ。:ええ、太りましたとも

 

おしまい。