読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

旅 自転車 グルメ 音楽 などなど。

Pricelineを使ってホテルをお得に予約する話

さてさて。

 

9月の旅行に向けてのホテル選びですが、前回記事で長々とお話した例のトラウマの影響で、

それなりのホテルになるだけ安く泊まる」というのが私達の絶対必要条件となっています。

 

早速Expediaなどでチェックしたんですが。。。

ワイキキのホテルって意外に高い。いや、もはや意外でも何でもないけど。

 

どうせだったらちょっといいホテルに泊まりたい。でもそんなお金はありまへん。

さぁ、どうしよう!

 

普通だったら旅行自体を諦めるところですが(諦め早っ)、こんな時、私がいつも頼りにしている彼を恥ずかしながら紹介します。

 

どんっ

 

Pricelineキャプチャ

どうですか。このなんとも包容力のありそうな風貌!粋なAmerican Jokesを飛ばしてきそうな雰囲気を持っていますね。

 

そう、予約サイトPriceline(プライスライン)の「Name your own price」という逆オークションを使って予約するのです。

 

得するかどうかは運次第ですが、ちょっと安くなっただけでもめっちゃ得した気分になってしまう私みたいな単純人間にはオススメです。

 

ってことで今日はPricelineでの予約方法をちらっと紹介したいと思います!

 

ベネチアンホテル

個人的に一番お得感を味わったホテル。ラスベガスのベネチアン。

 

 

Priceline(プライスライン)とは何ぞや?

 

Pricelineは旅行関連のオンライン予約サイトです。(この記事ではホテル予約の方法についてのみ紹介します。)
ExpediaBooking.comのように、検索条件(日程・金額など)から通常の予約もできるのですが、このサイトの特徴は「Name Your Own Price」という逆オークションでの予約ができるということ。

エリア・ランク(三つ星・四つ星など)・金額の条件を指定して入札(Bidding)→その条件に合うホテルがあれば予約成立、というシステムです。


成立までどのホテルになるか分からない&基本的にはキャンセルが出来ないというデメリットがありますが、うまくいけば半額以下で予約することができます
あとこのドキドキワクワク感がやみつきになりますw

 

とりあえずExpediaやBooking.comを使ってキャンセル無料・現地払いのホテルを保険として予約しておいて、旅行日直前にPricelineでBiddingにトライする、というのが私流のやり方ですが、今のところトラブルもなく多かれ少なかれ得はしています。

 

Name Your Own Priceでの入札方法

 

①まず、トップページから「Name Your Own Price」をクリック。
宿泊地(City)・日程を入力します。

 

場所入力キャプチャ

 

②右の地図を見ながらエリアとホテルランクを選ぶ。

選択キャプチャ

 

③1泊あたりの金額を入力。
金額を入力する前に、Bidding Travelerというサイトをチェックします。このサイトで、過去にPricelineでどのホテルが何ドルで落札されたか見ることができるので参考になります。

あと、Hotwireでの金額もチェックし、Hotwireで出ている同等条件の価格よりも安い価格で金額指定するようにします。

金額キャプチャ

 

④プレビュー画面で内容確認&オプション選択。
プレビュー画面ではTax等が含まれた金額を確認するのですが、ここでオプションを選ぶこともできます。
急な予定変更などで旅行ができなくなった場合にキャンセルができるようになる+トラベルアシストのオプションです。1泊につき5ドル。
私は旅行直前にPricelineを使うようにしているので、このオプションは使ったことないです。

オプションと注意事項

 そして重要な注意事項がつらつらと。

  • 大人2名までの部屋を確保するけど、ベッドタイプとかの要望があったら予約成立したホテルに直接交渉してね。保障はしないけども。
  • チェックイン日にちゃんとチェックインしなかったらキャンセルするし、返金はしませんよ。
  • オファーが受け入れらた時点で宿泊料の全額を支払うことになります。変更や返金はできないのでよろしく。
  • チェックイン時にはフォトID(パスポートとか)とクレジットカードを提示してね。このカードはホテルによっては発生するResort Feeとか、その他オプション料金(ミニバーとか電話とか)など、Pricelineでの料金に含まれてないものに使われることがあります。
  • Pricelineで予約をすると、ポイントシステムとかインセンティブなど他のサービスと併用できません。

ってなことが書いてます。多分。雰囲気。

 

⑤続いて支払い&請求情報入力画面に。
支払いはクレジットカードかPaypalです。(Paypalは使ったことないですが・・・。)ここも普通に入力します。

 

⑥心を決めて「Buy My Hotel Now」を押す。ドキドキ・・・

 

⑦予約成立→おめでとう!的な雰囲気で予約できたホテルがここで明かされます!この時点で支払いも完了になります。
不成立→残念〜またチャレンジしてね。的な画面が出てきます。(もちろんチャージはされません)
ここで条件を変えると再度Biddingにトライすることができます。


以上がName Your Own Price予約成立までのざっとした流れです。
ちなみに私が重視しているポイントは、金額と傾向の下調べ

Bidding Travelerを事前にチェックすることである程度の予測ができると思います。

 

このシステムを使うと、半額以下ぐらいの金額で4つ星や5つ星ホテルに泊まれることもあります。入札価格を吊り上げていって結局微妙な割引具合だったこともありますけどね。
でもホテルの予約で盛り上がれるってだけでもちょっと得した気分になりますよw

(なので一緒に旅行に行くメンバーで揃ってトライするのがオススメ!)

 

ちなみに、Pricelineといえば先日こんな記事を読みました。

travelvision.jp


海外旅行がもっと身近になって、海外から日本への観光客も増えて、もっと色んな国の人や文化と触れ合えるチャンスが多くなったらいいな〜と真面目に思うのでした。


それでは、グッドラック。